人気ブログランキング |

ニーナの出産

丁度ジャムたちが中部インターのリンクにあがっている頃、私はニーナのお腹の赤ちゃんのレントゲンを撮りに行きました。
子犬は四頭。でもまだ生まれるような感じではないですねと美人先生。

夜、寝ていたらどうもお腹が刺すように痛い。
なんだろう、眠れないな・・・夫を起こして病院に行こうかな・・・でもインターの帰りでどっぷり疲れてるだろうな・・・などと思っていたら夫のイビキの合間に居間から変な音が・・・コロッケがまたカサカサしてる?違うなぁ・・・
行ってみたらニーナ顔つきが違う。お産だ!
ジャムは最終交配から数えて65日以降に生むし、獣医師もまだと言っていたのであと一週間は生まないだろうとたかをくくっていました。
深夜のお産は不安です。お医者さんもいない、先輩たちも寝ている。
ここは私が頑張らないといけません。

「お産は一頭一頭、一回一回違う」の言葉どおり。
ジャムよりは苦しまずにするりと第一子を生みましたが・・・息をしていません。血の気がおかしい。
はじめてのことでしたが、ここは落ち着いてお湯で洗ってマッサージや口吸い等できることはすべてやりました。
でも血の気は戻りません。どのくらいマッサージを続けていたでしょう、大きさは一番大きかったのに・・・
とっても残念でしたが、お星様になっていました。
夜が明けてお庭に埋めたとき、いままで黙っていた娘が泣き出してしまいました。
命の誕生の喜びと、命が誕生する事の大きさを一度に・・・私たちもショックです。

後から出てきた子たちの小さいこと。
やはり少し早めのお産だったようです。
まだまだ予断を許さない状況ですが、ニーナはママをやろうと必死です。
生きようとするベビー、頑張ったニーナのために今度は私が精一杯頑張らねば!
かわいい男の子の三つ子たちと新米ママです。

f0126965_1817498.jpg



ちなみに私はガマンできなくて病院行き。『腸炎』でした。
by seasidefairym | 2008-03-04 18:34